Co2 削減 目標。 【日本】政府、2030年のCO2削減目標を2013年比46%に設定。50%に届かず

パリ協定と日本のCO2削減目標との関係

具体的には、先進国・発展途上国を問わずすべての国が協力し、 地球の気温上昇を抑えようとする、国際的な取り組みです。

CO2削減目標を達成するために必要な努力とは?各業界の事例まとめ

しかし、化石燃料依存型から脱炭素エネルギー・システムに移行するにあたり、生産、流通、消費など各段階での新たな設備のために必要な投資は、世界全体で数兆ドル規模にもなると言われます。 一方、記者団が「46%削減は現実的なのか」と質問したのに対し「これは積み重ねてきている政府としての数字だ。

「46%削減」問われる具体策 野心的目標、政治主導で決断―気候変動:時事ドットコム

そのうえで、記者団が「目標達成のため、原発を再稼働することについてどう考えるのか」と質問したのに対し「省エネ、再エネを中心に大胆に対策を行っていきたい。 これまで政府内では「40%台」の削減を軸に調整。 いずれも間接的に電気代が上がるなどして国民負担が増す可能性が高く、政府にはより丁寧な説明が求められる。

環境省_CO2削減目標を設定した企業に対して、具体的な削減対策の検討や実行計画策定を支援します

46%削減は、2013年度に比べて26%削減するとした6年前に決めた現在の目標を大幅に引き上げることになります。 また、発電設備が設けられないエリアや施設では、 後述の「再生可能エネルギーにより発電された電気」を購入することで、CO 2削減となるよう工夫しています。

2

環境省_CO2削減目標を設定した企業に対して、具体的な削減対策の検討や実行計画策定を支援します

折しも、運転開始から40年を超える原発としては初めて、福井県内の3基(美浜3号機、高浜1、2号機)について、同県の杉本達治知事が4月28日、再稼働に同意すると表明した。

CO2削減目標[都道府県]:テーマ別に見る自治体のグリーン政策一覧|自治体グリーン政策の窓

しかし、現在各国が提出している温室効果ガスの国別削減目標 NDC を合計しても、2100年には2. 菅首相が昨年表明した「2050年実質ゼロ」との整合性も問われている。 このため、SBT等の目標の達成に向けた企業の具体的な削減行動を促進するため、「令和2年度SBT達成に向けたCO2削減計画策定支援モデル事業」を実施することといたしました。

5

パリ協定と日本のCO2削減目標との関係

なお、すべての既設炉が運転延長した場合でも、新たな原子炉が設備容量に加わらない場合、原子力発電設備容量は2035年頃から減少を始め、2050年には約21百万kWとなると考えられる(図3)。 1%増」だったのです。

3

菅首相 2030年の温室効果ガス目標 2013年度比46%削減を表明

そこで注目されているのが「エネルギーミックス」です。 原発をめぐっては、現行計画の構成比20~22%を維持する方向で議論されている。

11