ロケット 落下。 中国のロケット落下問題、“正しく理解し、未来に活かす”ために大切なこと(マイナビニュース)

中国のロケット残骸、インド洋に落下と国営メディア NASAは批判

ワシントン(CNN) 制御不能になった中国のロケットが今週末、地球の大気圏に再突入する。

10

中国のロケットの残骸、アラビア半島上空で再突入

0m、そして質量約18tと、一般的なロケットの上段の5倍以上もある。 しかし、今回の場合、「その機体があまりにも大きい」ということ、そして「それが無制御で再突入する」ということが問題となっている。 しかしこの構成は、打ち上げた宇宙機とほぼ同じ軌道に、コア機体も乗ってしまうという欠点がある。

9

中国の長征5Bロケットがインド洋に落下。米宇宙軍「中国は責任基準満たしていない」

状況が少しでも変われば、ロケットの軌道は大幅に変化する。 我々は米宇宙軍を通じてロケットの位置を確実に追跡しており、そうした結果に対処することがなくて済むよう望んでいる」と語った。

fund.kudabank.com : 中国ロケットの残骸、近く地球落下へ 過去に前例あり

ちなみに、計画では11回のロケット打ち上げを経て2022年までに宇宙ステーション完成が見込まれています。 機体の大部分は再突入時の熱で燃え尽きたとみられ、燃え残った破片があったとしても、モルディブの北のインド洋上に落下したとみられる。

15

fund.kudabank.com : 中国ロケットの再突入、NASAが「無責任」と非難 モルディブ近海落下

米航空宇宙局(NASA)のネルソン長官は大気圏再突入後に声明を発表し「宇宙開発を行う国は、宇宙物体の大気圏再突入が地上の人々および財産に及ぼすリスクを最小限にする一方、それらの運用に関する透明性を最大限に高めなければならない。 宇宙ステーションのモジュールとなる「天和(16メートル)」を運ぶ予定でした。 制御不能になった宇宙ゴミの落下はどの程度の頻度で起きるのか? 大半の宇宙ゴミは地表に衝突する前に地球の大気で燃え尽きる。

12

中国のロケット残骸、インド洋に落下と国営メディア NASAは批判

ロイド・オースティン米国防長官は「宇宙進出する国は、地球上の人々や財産を脅かすようなリスクの発生を最小限に抑える責務がある」と述べ「中国が宇宙デブリにおける責任の基準を満たしていないことは明らかだ」と述べました。

19

中国のロケット落下問題、“正しく理解し、未来に活かす”ために大切なこと(マイナビニュース)

故意、過失問わず、こうした事態は起こりうるものであるという前提で、国際社会が協力してルール作りを進めるべきであろう。 私としては、自分に脅威が及ぶという心配で眠れなくなることは1秒もないだろう」 「心配すべきもっと重大なことがある」. 長征五号Bロケットと問題の背景 地表に落下する可能性が取り沙汰されているのは、中国が4月29日に打ち上げた「長征五号B」という大型ロケットである。 それでも、無責任な行いであるとして、中国には批判が集まった。

12

中国のロケット残骸、インド洋に落下と国営メディア NASAは批判(ロイター)

中国は、昨年5月にも長征五号Bを打ち上げており、そしてコア機体が再突入し、燃え残った配管のような破片が、西アフリカのコートジボワールに落下したとみられている。 国防総省報道官はCNNの取材に、米軍はロケットの破壊を目的とした運動エネルギーによる攻撃の選択肢は検討していないと述べた。 一方、米宇宙軍は、残骸が日本時間同日午前11時14分ごろに大気圏に再突入し、モルディブ北方のインド洋に落下したと発表した。

2