フランソワ ポンポン。 オルセーで人気!動物彫刻の代表作家 待望の日本初回顧展『フランソワ・ポンポン展』この夏、京都で開催!

フランソワ・ポンポンって知ってますか? オルセー美術館

「コゼット」(1879年,蔵• 多彩な動物彫刻 フランソワ・ポンポン《ヒグマ》1918-1926年 群馬県立館林美術館蔵 《シロクマ》で注目を浴びたポンポンではあるが、鳩や猫、犬などの身近な動物から、豚や牛といった家畜、そしてヒグマやキリンなどの動物園で目にすることが多い異国の動物まで、その生態の仔細な観察に基づいて、彫刻を制作した。

11

前田利為 春雨に真珠をみた人 | 2021年 | 過去の展覧会 | 展覧会 | 目黒区美術館

ポンポンはその生涯のほとんどを他の彫刻家の支援に費やしたが、晩年に独立してからの10年で多くの作品を製作し、その単純化された独特なラインを持った彫刻は、まさにモダニズムの頂点でもある。 10月13日 - 新県立美術館基本構想検討委員会が設置• そんな彼の日本初となる回顧展を今年の 7月、京都市京セラ美術館で開催します! この展覧会は、フランソワ・ポンポンの本国フランスからの特別出品として、ポンポンが建築と彫刻の基礎を学んだ美術学校があり、ポンポン最大の支援者であったディジョン市の ディジョン美術館、 出身地のソーリューにある フランソワ・ポンポン美術館、パリのオルセー美術館、そして国内でまとまった数のコレクションをもつ群馬県立館林美術館の約 90点の作品で構成。

1

オルセーで人気!動物彫刻の代表作家 待望の日本初回顧展『フランソワ・ポンポン展』この夏、京都で開催!

第17回を受賞している。 展覧会「フランソワ・ポンポン展 ~動物を愛した彫刻家~」が、京都市京セラ美術館にて、2021年7月10日 土 から9月5日 日 まで開催される。 感想 オルセー美術館、すごく良かったです。

16

フランソワ・ポンポン展~動物を愛した彫刻家~

ヨーロッパに1ヶ月いたら、さすがに時差ボケになるだろうと思っていたら、全然大丈夫だ ったので、「すごい適応力だなぁ」と我ながら感心していたら、ロングフライトの乾燥で、 喉をやられてしまい、軽い風邪に。 そして突然飛び込んできた「スターシード」という言葉。

フランソワ・ポンポン

また、付近にはと名づけられた散策路があり、の生活環境保全林に沿って、多くの彫刻作品(2001年現在38体を数える)を設置している。

6

前田利為 春雨に真珠をみた人 | 2021年 | 過去の展覧会 | 展覧会 | 目黒区美術館

『シロクマ』引用元:群馬県館林美術館 彼の単純化、洗練、神聖さすらある彼のスタイルは彫刻の革命であり、モダニズムの頂点と言ってよいでしょう。

19

フランソワ・ポンポン展 〜動物を愛した彫刻家〜 公式サイト|François Pompon Exhibition

利為は、1929(昭和4)年に滞在中のパリでポンポンによる白熊の彫刻を見たことを日記に記し、その年の11月にはアトリエを訪れました。 ユーモラスなオラン・ウータンの表情、茶目っ気のあるペリカン、太陽の下であくびをするカバなど、幸福さをたたえたポンポンの彫刻は生きる喜びを体現していて、見る人に幸せな気持ちと微笑みをもたらします。 仕事を続けながら、美術学校の夜間課程に通い彫刻の基礎を学んだ。

1