動物 の 愛護 及び 管理 に関する 法律。 動物の愛護及び管理に関する法律施行規則

令和2年6月1日付で動物の愛護及び管理に関する法律の一部が施行されました

更新履歴• 次項及び第21条の4において同じ。

動物の愛護及び管理に関する法律施行規則

2 前項の規定は、都道府県等が所有者の判明しない犬又はねこの引取りをその拾得者その他の者から求められた場合に準用する。 詳細は、 <外部リンク>をご確認ください。 四 犬、ねこ等の動物の愛護と適正な飼養の推進のために国又は都道府県等が行う施策に必要な協力をすること。

17

「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正されました

)並びに第472条の規定 (市町村の合併の特例に関する法律第6条、第8条及び第17条の改正規定に係る部分を除く。 令和元年6月19日に「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正され、令和2年6月1日から一部施行されました。

19

「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正されました

)、第2章第2節及び第4節、第41条 (地方自治法第252条の28の改正規定を除く。 それぞれの法令の詳細情報にリンクしています。

6

※一部修正※「動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律」の公布について

第二節 (動物取扱業の届出) 第八条 動物(哺乳類、鳥類又は爬虫類の属するものに限り、畜産農業に係るもの及び試験研究用又は生物学的製剤の製造の用その他の法令で定める用途に供するために使用し、又は保管しているものを除く。 ア.禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者 イ.次の法律により罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者 (外国為替及び外国貿易法、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律、特定外来 生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律) ウ.暴力団員又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者 エ.第一種動物取扱業に関し不正又は不誠実な行為をするおそれがあると認めるに足りる相当の理由がある者 オ.環境省令で定める使用人のうちに登録拒否事由に該当する者のある者 ( 2)環境省令で定める遵守基準を具体的に明示 環境省令で定める遵守基準(飼養施設の構造・規模、環境の管理、繁殖の方法等)が、法律に明記されました。 種別:衆法• )に限る。

動物の愛護及び管理に関する法律 昭和48年10月1日法律第105号

駆除目的で捕獲された猫の場合• この登録を行わなければ、法律上「動物取扱業」を営むことができず、もし無登録で営業を行った場合は罰金が科せられます。 猫が自力で餌を摂取し生存できる場合• 法令の情報• 一 牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる 二 前号に掲げるものを除くほか、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの 第二十八条 第十二条第二項の規定による命令に違反したものは、三十万円以下の罰金に処する。

動物の愛護及び管理に関する法律 昭和48年10月1日法律第105号

R01. 第三節 周辺の生活環境の保全に係る措置 第十五条 都道府県知事は、多数の動物の飼養又は保管に起因して周辺の生活環境が損なわれている事態として総理府令で定める事態が生じていると認めるときは、当該事態を生じさせている者に対し、期限を定めて、その事態を除去するために必要な措置をとるべきことを勧告することができる。

※一部修正※「動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律」の公布について

6 国は、都道府県等に対し、予算の範囲内において、政令で定めるところにより、第一項の引取りに関し、費用の一部を補助する事ができる。 出生後56日を経過しない犬又は猫の販売等を制限 2 動物の適正飼養のための規制の強化• また、飼養・保管可能な目的が限定され、それに伴い、愛玩飼養の目的で新たに特定動物を飼養・保管することができなくなりました。

4

「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正されました

)若しくは第72条第1項第3号 (同法第69条の7第1項第4号及び第5号に係る部分に限る。